home-design-4167986_1280

シェアハウスのトラブル

シェアハウスの人気と需要の増加

東京などでは特に増えていると言われているシェアハウス。

見ず知らずの人たちがひとつ屋根の下で共同生活をするという賃貸の形です。最近はバラエティ番組の影響などもあってか、シェアハウスの知名度や需要も高まっているようです。

しかし、実際のところシェアハウスでの生活というのはどうなのでしょう?シェアハウスのメリットやデメリットについて考えてみましょう。

 

シェアハウスのメリットとデメリット

まず、シェアハウスを利用する最大のメリットといえば、家賃が安いという点があります。シェアハウスの賃料は物件によってさまざまですが、複数人でお風呂やキッチン、トイレなどを共有することができます。

そのため、一人暮らし用の賃貸に比べるとシェアハウスの賃料は安い場合がほとんどです。

特に東京の賃貸物件は家賃が高額な場合が多いので、安い賃料の東京シェアハウスを利用することで「憧れの都内暮らし」を実現できます。

また、何かと孤独に陥りやすい東京での一人暮らしも、東京のシェアハウスならば心配ありません。

家に帰れば誰かしら入居者がいるので「おかえりなさい」という声をかけてもらえることもあるでしょうし、入居者同士コミュニケーションをとって仲良くなったりすることもできるのです。

場合によっては、一緒に食事をしたり、不在時の宅急便の受け取りなどもお願いすることができるかもしれません。

一方、シェアハウスならではのデメリットも存在します。たとえば、共有スペースなどを気を使いながら利用しなければならないという点。

一人暮らしであれば、自分の好きな時間に好きなようにお風呂に入ったりトイレに入ったりすることができます。

しかし複数人でスペースを共有するシェアハウスの場合は、スペースが空いている時を見計らったり、他の入居者と相談してお風呂やトイレ、キッチンなどを使用しなければなりません。

また、個室が完備されているシェアハウスであっても、他の入居者の生活音が聞こえてしまうことは避けられません。生活時間帯も入居者によって異なりますから、神経質な人は音が気になってしまうこともあるでしょう。